2020年2月

1/2ページ

有事のドル買いだったのが

ドルは安定していると思われていた 世界で戦争が起きた、何かしらの大恐慌がどこかの国で起きた等、有事の際にはドル買いが安定と昔は言われていた。USAという国は非常に政治・経済が安定しているから何か有ったとしてもドルの価格が大暴落することは無いだろうと思われていたのである。 だから、有事が発生した際には皆がドル買いに走るからドルの価格が上昇する。ゆえに有事の際はドルを買えば利益が出ると思われていたので […]

アベノミクスは大サービスだった

そもそもアベノミクス政策って何よ? ざっくり簡単に説明するとリフレーション政策のこと。リフレーション政策というのは穏やかなゆっくりとした継続的インフレを起こす経済政策のことをそう呼ぶ。 そして継続的に穏やかなインフレーションが起こり続けるという事は、言い換えれば継続的に円の値段が下がり続けるということ。 と、言うことは? 買って寝かせるだけのお手軽トレード 要するに、円の価格が継続的に下がり続ける […]

プライスアクションとは

概要 プライスアクションとは、プライス(値段)のアクション(動き)、すなわち値動きそのものを分析してチャートから投資家心理を分析し、相場の環境を認識していく分析手法のこと。 テクニカル分析の一種であり、特に欧米では重要視されている。 プライスアクションは統計学的な経験則の集大成と言えよう。統計学的な、という所が話しのミソと言える。 つまり、プライスアクションは何故それで勝てるのかという理由はよくわ […]

確率論と統計論の違い

このサイトに書いてある通りにやると何故勝てるの? そもそも理由なんて無いし必要ない。これが答えだ。 いや、厳密に言えばファンダメンタルズ的な理由は必ずある。しかしトレードをする上でそれを理解する必要性は必ずしもある訳ではない。 なんで理由がわからんのに勝てるの? 例えば、六面サイコロが有ったとする。このサイコロを三回振って、三回とも六が出たとしよう。さて、ここでどの様に考えるべきであろうか。 これ […]

何故ロシアはプーチンやスターリンのように粛清が流行るのか

多民族過ぎる国家 ロシアという国はその広大な領土から多民族国家である。 どちらかと言えば、日本のように同じ民族しか住んでいない国の方が特殊であるのだが、それを差し引いて考えてもロシアの多民族国家ぶりは群を抜いている。 これがアメリカであれば肌の色の違いや宗教の違いがあったとしても、少なおくとも同じ英語という言語が通じる。 だが、ロシアはそうではない宗教の違いや肌の色の違いはもちろんの事、下手をする […]

ストキャスティクス(Stochastics)とは

概要 ストキャスティクスは、1950年代、米国のジョージ・レーンによって考案されたテクニカル指標。RSIと並び、非常に人気があり普遍的に使われている指標の1つ。 基礎概念 ストキャスティクスはオシレーター系の分析手法で、高値、安値、終値の3種類を使って作成する指標である。 過去における高値、安値に対して、当日終値がどのような位置にあるのかを数値化したもので、%K = 短期線、%D = 中期線の2本 […]

移動平均線(Moving Average)とは

移動平均線(MovingAverage)は基本的ながら極めて強力なテクニカル指標の1つです。 必ず身に付けておきたい技術と言えます。

そもそも仮想通貨とは

ブロックチェーンとは 仮想通貨というのは電子データなのだからクラッキング等によって不正に情報を書き換えられたりしないんだろうか?という疑問は恐らく誰もが持ったことがあるはず。これを防ぐための手段がいわゆるブロックチェーンと呼ばれるものである。 ではブロックチェーンとは何かというと、一言で言い表せば巨大な通帳である。一般的な銀行の通帳というのは情報が非公開となっている。 他人の通帳の残高がネット上で […]

RSIとは

非常にポピュラーで人気があり、良く使われるテクニカル指標の1つにRSIがある。 RSIとは一体何かを解説していきたい。

ブレクジットは特殊な相場だった

日々新しい種類の相場の動きが現れるからトレーダーは常に勉強して学び続けなければ勝ち続ける事は出来ない、なんて良く言うが、それをつくづく身を持って実感したのが例のブレクジット問題だ。 一般的に大きな金融危機が発生した時、例えばリーマンショックやスイスフランショック等で大暴落が起きたとしても、通常は逆指値注文を入れている限り多少の損失で済ませる可能であり、正直素人ならそれで破産することはあり得たとして […]

負ける人、学ばない人その3

TwitterやFacebookなどのSNSを見ているとよく「今日は〇〇pips勝った!」というような情報が多く流れている。 だが、プロから見れば、このタイミングで勝つのは明らかにまぐれ勝ち・ビギナーズラックであってどう考えても素人でしかないというような投稿が数多く見受けられる。 この様な人間は長期的に稼ぎ続けることが出来ず、いずれは敗北するであろう。 何故、負ける人間は負け続けるのか、どうして学ばないのだろうか。

負ける人、学ばない人その2

某自動売買ソフト販売サイトにおいてどういうわけでか非常に優秀な自動売買ソフトに星1評価が沢山ついている。 プロから見ると明らかに優秀なソフトなのだが一体何故その様な低評価がついたのだろうか。 負ける人はいくら負けても学ばないのである。

負ける人、学ばない人その1

非常に優秀なEAを手にした素人、だが優秀なEAを使いこなせず豚に真珠・猫に小判な有様で負ける素人。 何故負ける人は負け、そこから学ぶ事ができないのだろうか。

CO2排出量は増えた方がむしろ環境保全に良い

CO2による地球温暖化問題が取沙汰されて久しいが、はっきりと言ってこれは大嘘である。 それを科学的に解説したい。

平和思想が広まれば戦争を止められる訳では無い

世の中の人間がみんな平和思想を持てば戦争は無くなるはずだ!なんて平和主義者は良く言うが、それがあり得ない事は既に歴史が証明している。

何故オーストラリアは捕鯨に反対するのか

オーストラリアの反捕鯨運動は有名であるが、その反捕鯨運動の本質は動物愛護精神”では無い”という事はあまり知られていない。

女性の服をフルカラー透視する技術遂に発売されるも僅か5日で販売停止に/ダウンロードリンクもあるよ!/DeepNude

長年の男の子の夢であった女性の服を透視する技術遂に登場。 発売されるもわずか5日で販売停止に。 裏ルートでの入手法の解説もあるよ!

AIってお高くない?

AI開発には結構な費用がかかる。 そのため多くの中小企業では費用対効果的に割に合わない事が多いのだが、そうした際に効果的なAI開発の方法を解説していきたい。

AIに出来ることは大きく6種類

最近では言葉ばかりが先行しているAIだが、具体的にAIによって何が出来るのかは殆ど知られていない。 今回はAIによって何が出来るのかを説明していきたいと思う。