2020年6月

1/2ページ

服装ではプラス評価にならない

服装は減点方式 女性とデートに行くからと言ってやたら気合を入れて服装に拘る男子はさほど珍しくない。 だが、結論から先に言って服装では女性の好感度はプラスにならない、服装に限って言えば、女性から男性に対する評価は減点方式である。 最重視すべきは清潔感 女性はとにかく清潔感が無い事を嫌う。 だから、手入れもされてないボサボサ頭に伸び放題の無精髭、ヨレヨレで黄ばんだシャツ等そういった服装は完全にアウトで […]

ゲーム評価・レビュー及び攻略情報

はじめに 天才というものが普段どんなゲームを遊んでいるのか非常に気になるという要望があったため私がプレイしたゲームの評価・レビューに加えて攻略情報も掲載しておく。 私はよく人から「なんで芸術や音楽まで詳しくてそんなに幅広く何でも出来るの?」と聞かれるのだが、それは「成功しても何故成功したのかその原因を分析できなければそれは成功したとは言わない。」というエジソンの言葉の通り、普段から遊んでいるゲーム […]

悪魔っ娘ハーレムゲーHELLTAKER評価&ゲームレビュー

HELL TAKER ジャンル パズルとアクションと恋愛ゲーム。 プロローグ ある朝、君は夢を見た。悪魔の娘たちでハーレムをつくる夢だ。 まあ、簡単に叶えられる夢ではない。命を落とすこともありうる。 「悪魔の娘っ子とイチャつけるんだ、俺のタマくらい安いもんだ。」と君は言い放ち、地獄に降り立った。 クリアまでの時間 約2時間程度 総合評価 ★★★★★ 脚本 ★★★★★ 実はこのゲーム、ポーランドにお […]

HellTaker攻略ネタバレ無し

基本的な遊び方 Steamから無料ダウンロードできる 驚くべき事にこのゲーム、非常に良く出来た完成度の高いゲームであるにも関わらず無料でダウンロードできる。 このリンクからダウンロードしよう。 どんなゲーム? ネタバレ無しのレビューや評価はこちらの記事から。 ヒント・Lキー Lキーで仲間にした悪魔達からヒント貰えるのだが実際にはヒントらしいヒントが貰えない、流石悪魔。 ただし、会話がカワイイため見 […]

エントリールールの再確認をしない人達

エントリールールの再確認は重要 これは全手動による裁量取引をする場合でもシステムトレードをするにしても、サインツール等のソフトウェアに頼るにしても、何らかの失敗を来した際にはエントリールールを再確認する事は重要である。 大抵の場合において負ける時には負けるなりの理由がある。 だから、何故負けたのかを確認しておく事は重要であろう。 知識として理解できるかどうかと実行できる能力があるかどうかは別問題 […]

少額から投資を始めるのは危険

資金管理は重要 投資において勝率100%がありえない以上は必然的に、会社の経営等と同じく繁忙期に稼げるだけ稼いで閑散期に備えるという方針を必然的に取ることになる。 だから、投資を行う際には必ず損失に耐えられるだけの資金的余裕を持たせなければならない。これは投資における鉄則中の鉄則なのだが、意外と出来ていない人が多い。 安全率を考慮する 例えばバイナリーオプションをやろうとする。 ここで、確実に安全 […]

USB外付けストレージのデータが飛んだ時

データが消えた! パソコンを使っていれば、誰しも一度くらいはUSBメモリの中身が空になってる!だとか外付けHDDの中身が飛んでる!とかそういう経験があるとは思う。 だが、実際のこれらの現象は「消えているように見えている」だけであって実際には消えていない。 だから、実は容易に復旧が可能なのである。 そもそも何故データが消えるのか ここで少しコンピューターの動作原理を説明しようと思う。 内蔵HDDから […]

大型連休は危ない/ご祝儀相場

大型連休は死ぬ 一般的に年末年始の前後1ヶ月くらいは「ご祝儀相場」と言って相場が大荒れする事で有名だ。ご祝儀相場という名前の指し示す通りお祭り騒ぎでボラティリティがえげつない事になる。 年末年始以外にもゴールデン・ウィークなんかも危険だろう。 こういった時期は基本的にエントリーを見送る方が安定だ。いわゆる「待つも相場」という奴である。 規則性のある相場は何故規則性があるか 以前にも書いたが、金融取 […]

女性に理屈を提示する時は絵としてイメージ出来るように

基本的に女は理屈が嫌いだが例外もある 当サイトにおいて基本的に女に対して理屈を持ち出すのはダメだという話をした。 確かに、女性と会話をする上での基本的な方針としてそれは正しい。だが、原則には必ず例外もあり、効果的な理屈の持ち出し方もある。 ホチュウキ? 先日私はこの様な会話をした。 女性A「換気のために窓開けた瞬間にハエが二匹も入ってきた、早く出ていってくれにないかしら。何か良い方法ないかな?」 […]

パチンコや競馬にハマる頭のおかしい人と投資にハマる客層は同じ

矢印が出るだけ!超簡単!誰でも出来る! 矢印が出るだけ!それに従ってエントリーするだけ!誰でも出来る!ね?簡単でしょ? これで皆さんもセミリタイア生活を満喫しましょう! 出来るわけ無いだろ 上記は詐欺師が割とよく使う典型的な謳い文句である。(割とどうでもいい話なのだが、何故か詐欺師はビーチの画像を好んで使う傾向が多いようだ) 実際、私も矢印が出るだけでそれに従ってエントリーするだけという超シンプル […]

エリオット波動はオカルトか?

概要 エリオット波動とは、ラルフ・ネルソン・エリオットが提唱したテクニカル分析の1つ。 まず最初に小さな第一波の上昇が起こり、次に押し目である第二波の到来、そこから力強く上昇する第三波と再び押し目となる第四波、そして最も大きく上昇する第五波とその余波である下降トレンドからなる。 一般的にはよくオカルト扱いされる 何故エリオット波動がオカルト扱いされやすいのかといえば 1.再現性が低い 2.そもそも […]

初心者は大抵出口戦略がない

コロナ相場で底値買いに成功するも 最近私が聞いた話の中で、コロナ相場で底値買いに成功し既に元本に対して30%程利益が出ているらしい。 だが、本人曰くまだ利確していないという。では、どこで利確するのかと聞いてみると「決めてない」というのである。 これでは意味がない。実際、その後どこで利確するか悩んでいる内に値段が下がり始めた事で慌てて利確したものだから僅かな利益しか出なかったようだ。 利確した後に上 […]

顧客の意見やアンケート結果をそのまま取り入れると失敗する

統計とは単にアンケートを集めれば良いという事ではない 例えば、非常に有名なアンケートがある。 アンケートの内容は「日本人は物事を白黒はっきり付けるのが苦手だと思いますか」というもの。そしてアンケートの選択肢は「はい」「どちらとも言えない」「いいえ」の三択である。 このアンケートの集計結果は「はい」が2割、「どちらとも言えない」が7割、「いいえ」が1割という結果であった。 では、この場合「どちらとも […]

システムクローンのフリーソフトが壊滅したがフリーでダウンロードする方法

システムクローンとは HDDまたはSSDの中のパソコンの中のデータをまるごと他のHDDやSSDにお引越しするためのソフト。 主にPCを買い替えたが以前のPCの状態をそのまま維持しながらまるごと引っ越ししたいとか、HDDからSSDに換装したいという場合に使用する。 以前はフリーソフトでシステムクローンが出来た 以前はEaseUS・AOMEI・MiniTool partition wizardなど様々 […]

何故日本人は金融商品嫌いの貯金好きになったのか

歴史的に見れば戦前は資産運用が普通 日本人は世界的に見ても資産運用というものが嫌いな安定志向な貯金大好き民族であることは広く一般的に知られていると思う。 では、日本人はいつから金融商品が嫌いになったのだろうか。それは比較的最近の話であり、原因は戦時中における大日本帝国による戦時体制の結果である。 戦前まで資産運用は普通 大日本帝国によって戦時体制が敷かれ、いわゆる「欲しがりません勝つまでは」という […]

何故私が金融商品を選んだのか

イノベーションも差別化も必要としない 何故私が金融商品を選んだのか、その理由について以前に軽く触れた事はあるが今回はそれを更に掘り下げて説明しようと思う。 では、何故金融商品だったのか。答えはイノベーションも差別化もクソもなく、至って平凡で陳腐でありきたりで王道な戦い方をしても大企業に勝てる分野だからである。 何故大企業と同じ戦い方をして中小企業が勝てるのか だとすると、次なる疑問が生まれるだろう […]

マーチン・ナンピンが何故駄目なのか

必要な考え方は確率論では無く統計論 これは以前にも書いた事だが、投資において必要な考え方は確率論では無く統計論である。 基本的に相場分析を伴わない数学理論偏重型戦略は失敗する傾向が強く、両建て等はその典型的な例である。しかも、マーチンとナンピンに至っては数学理論寄りの考え方である上にしかも数学上の優位性がないという有様で救いようがない。 期待値は変化しない マーチンゲール法の特徴として増える時も増 […]

専門外でも大抵は適切に判断できる

何が分からないのかすら分からない事が無い 歴史上の偉人達の例を見てもそうだが、Giftedというのは大抵一夜漬けで付け焼き刃の技術と知識を身に着けただけでも並の専門家の能力を余裕で超えていく。 当サイトでも繰り返し何度か述べている事であるが、天才型の人間は必ず一定の万能性が見られる。 凡人は何故か経験というものを重視するが、天才型の人間は経験を重視しないという記事も以前に書いた。 だが、何故この様 […]

女性は強引が好きだが強制は嫌い

時と場合によっては殴ってでも言うことを聞かせるくらいでなければ女は男に惚れない 太宰だったか芥川だったか森鴎外だったかイマイチ思い出せないのだが、非常に有名な小説の中で大体こんなようなフレーズが出てくる。 だが、ここで注意が必要なのは暴力的な男がモテるという意味ではない、当たり前だが女性は暴力男が嫌いである。 この言葉が本質的に意味するところは「女性は強引にされるのが好き」という事である。 強制は […]