ゲーム評価・レビュー及び攻略情報

はじめに

天才というものが普段どんなゲームを遊んでいるのか非常に気になるという要望があったため私がプレイしたゲームの評価・レビューに加えて攻略情報も掲載しておく。

私はよく人から「なんで芸術や音楽まで詳しくてそんなに幅広く何でも出来るの?」と聞かれるのだが、それは「成功しても何故成功したのかその原因を分析できなければそれは成功したとは言わない。」というエジソンの言葉の通り、普段から遊んでいるゲームもただ遊んで面白かったねで終わるのでは無く、何故それが面白かったのかという面白い原因を常に考えながら遊んでいるからである。

だから、このページの情報の中では「そのゲームを天才がどの様に分析しながら見ているのか」という点に特に重点をおいて解説しようと思う。

HELLTAKER

HellTakerロゴマーク

総合評価
★★★★★

脚本
★★★★★

視覚
★★★★★

音楽
★★★★★

操作
★★★★★

独創性
★★★★★

・概要

人間が地獄に行って悪魔娘をナンパしてハーレムを作るゲーム。
このコンセプトの時点でもう既に面白い。

詳細なレビューはこちらから。

Pantropy

Pantropyロゴ



総合評価
★★★★☆

脚本
★★★☆☆

視覚
★★★★★

音楽
★★★★★

操作
★★☆☆☆

独創性
★★★★☆

・概要

マインクラフトのようなサンドボックス要素とロボットアクション要素を組み合わせたゲームと言えば概ね伝わるはず。

ただし、問題点としていかにもアーリーアクセスらしい凄まじいバグの数があり、かつ、序盤の進め方が難解でこれを理解していないと序盤で詰みやすいというサンドボックスゲームらしい要素が含まれているため当サイトの攻略ページを参考にしてある程度予備知識を身に着けてからゲームに挑んだ方がよい。

この辺りがこのゲームがクソゲー呼ばわりされやすい要因である。

しかし、それを乗り越えればコンセプトとしては非常に面白いゲームであることは間違いない。

ゲーム攻略はこちらから。