日本は大手企業が詐欺に近い事ばかりする不思議な国

日本の金融商品は大抵短命

日本は世界的に見ても金融リテラシーがすこぶる低い事で有名だが、それは全くその通りで大抵の日本人はほとんど金融に関する基礎知識が欠落している。

だが、それでも日本には様々な投資信託会社が存在して毎年ヒット商品が生まれるのだがその殆どが長続きせずに短命で終わるという非常に独特の金融業界を形成している。

日本人は流行りものが好き

何故その様な事情が生まれるのかというと、大抵の日本人の投資家はロクに基礎知識の勉強もせずに楽して儲けたいという甘い考えで金融商品を選ぶため、大抵の日本人投資家はただ「流行り物に乗っかるだけ」で何も考えずに商品選択をしているのである。

当たり前だが、それで勝てるほど投資の世界は甘くない。
しかし、その当たり前の事を当たり前に分からない層が沢山いるのである。

本来は、その投資信託会社がどの様な方針でどんな戦略で投資しようとしているのか等徹底的にその投資信託会社について自分で考えてよく理解してから選ぶのが筋なのだが日本人はそれをしないのである。

逆もまた然り

これは、証券会社側の立場から考えると「本当に稼げる本物の金融商品」を売りに出した所で日本人はそのあまりにもあんまりな金融リテラシーの低さからその商品の優秀さを理解できないし、理解できないから当然売れない。

つまり、日本の証券会社の品揃えの酷さはそのまま日本人の金融リテラシーの酷さの反映である。
売る側にとっても日本人のアホさ加減には手を焼いているという訳だ。

投信を選ぶなら海外の方が基本優秀

当たり前なのだが、投資信託会社は商売でやっているわけであって利益追求をしているわけだから「顧客が儲かる商品」では無く「需要があって売れる商品」を作る

そして日本に特有の金融事情として日本人の大部分は「何も考えずに流行りに乗る」という傾向が強いため、日本で需要があり売れる商品とはそのまま「流行り物」である。

すると、日本の投信はものの見事に「粗製乱造」の「多産多死」ばかりで実に酷い商品ラインナップが出揃っている

ところが、日本人があまりにも極端に金融リテラシーが低すぎるだけであって海外はそうではない。
海外の投資家達は投信に金を預けるにしても何も考えずにただ丸投げするなどという事はせず、ちゃんと自分で考えてその投信の戦略が何故正しいのかという理由を理解してから委任する。

その為、海外では日本のような「流行り物を粗製乱造する」という販売戦略は通用せず、基本的に海外の投資信託会社の方が平均レベルが高いのだ。

つまり、英語が出来る人なら基本的に海外の投信を探す方が当たりを引ける可能性が高まるというわけである。

情報収集も同様

やはり、情報面においても同様で日本語でGoogle検索して得られる情報は基本室が低いのに対し、英語で検索すると情報の質の平均値がグッと上昇する。

基本投資をやりたいなら英語が出来た方が有利だという事は覚えておいた方が良い。

同様にEAの販売なども日本国内はマーケットが小さく、それに伴い販売されている絶対数が少ない為、これらも海外の英語販売サイトを普通に使えるようになった方が選択肢の幅が圧倒的に広がる。

金融法上の問題

また、日本は法整備の観点から言っても非常にガラパゴス化していて独特の金融法を形成している。

ここではそれを詳しく説明しないため各自で調べてほしいが、基本的に日本の金融法は圧倒的に会社側の保護に重点を置いてあり、消費者側に不利な作りとなっている。

その為、法律的な問題から会社同士での競争が発生しにくいことも経営努力を促進させない要因の一つであろう。

国内で数少ないまともな商品

日本国内で数少ないまともな金融商品を一つ例に上げると「積み立てNISA」というものがある

このNISAは日本国内では数少ない比較的まともな金融商品でありとにかく当たり障りなく無難にやりたいならNISAを選んでおけば大きく外さないが、しかしそのNISAも全くの知識ゼロで丸投げすると失敗する。

殆どの詐欺は僅かな基礎知識で見抜ける雑な嘘ばかり

しかし、何にせよノウハウは必要であろう。

当たり前なのだが、詐欺というのは嘘をついているわけで、嘘というのは必ず何処かで理論が破綻するし、理論の破綻は正しい知識があれば見抜けるわけであって知識があれば理論の破綻は気が付ける。

日本はそうした金融リテラシーがすこぶる低いせいか、詐欺師の平均レベルもこれまた低い。
やはり同様で詐欺師側も大した努力せずに雑で大雑把な嘘をついてもそれがまかり通ってしまうわけだから、詐欺師側も自分のスキルアップを行わなければならない動機が発生しないのだろう。

この辺りについては目次の第七章にまとめてある。

投資は普通に勉強すれば普通に勝てる

ほとんどの日本人は一切何らの勉強もせず考える事を放棄してただ流行りに乗って勝手に自滅する訳だから、投資というものは普通に勉強して普通に基礎知識があれば普通に勝てると私は思うのだが、大抵の人はそうではなく楽して簡単に一攫千金というギャンブル思考なのだ。

目次はこちらです。
一般的なWebサイトやブログとは違い、情報が体系的に整理されているため本を読むように順番に読み進めていけば投資に関する基礎知識が一通り身に付くようになっています。