近年は優良商品の投げ売りワゴンセールが目立つ/証券会社の経営事情

証券会社の経営事情

近年の動向として何処の証券会社も経費削減の為にトレードは人間のトレーダーを使うのではなくEA等を使った自動売買(いわゆるクオンツトレード)に移行しつつあり、それに伴い機関投資家はお役御免でリストラの対象となりつつある。

これに伴い、機関投資家の独立が近頃では特に多く目立つようになり、今までは投資信託会社だけが保有していた機関投資家特有のノウハウが大量に流出しまくっているのである。

会社の看板と信用

しかし当然であるが如何に優秀な人間であれどもサラリーマン時代は「会社の看板と信用」で稼がせてもらっていたわけで、個人として独立すると途端にその会社の信用が無くなり、どこの馬の骨とも分からない何処かの誰かになる訳だ。

加えて、彼らは機関投資家としては一流かもしれないが、大抵の場合経営やマーケティングに関しては素人であるため大きな壁にぶち当たる。

すると、絵に描いたように典型的な売れない会社特有の「安売り」に走るわけで、そうすると能力的には優秀で非常に優れた商品をほとんど投げ売り同然のワゴンセール価格で提供するのである。

これから投資を始めるには嬉しい環境

この様な理由から、近年では機関投資家のリストラが相次ぎ、それに伴って元機関投資家の独立も増え、それによって以前は投資信託会社だけが保有していたプロのノウハウが大量に流出している。

だから、今は昔に比べると格段に優れた情報の入手が容易になったものだから聖杯の入手も決して夢ではなくなりつつある。
もっとも、当然のことながらそれには本物と偽物を見分けられるだけの鑑定眼が必要であるし、ほとんどの人間はその鑑定眼が無いから苦労するわけだが。



目次はこちらです。
一般的なWebサイトやブログとは違い、情報が体系的に整理されているため本を読むように順番に読み進めていけば投資に関する基礎知識が一通り身に付くようになっています。