価値観の多様性

1/3ページ

差別は需要によって発明される

自生する奴隷と生産される奴隷 アフリカからアメリカに奴隷の輸出が成されたことによってアメリカは黒人を奴隷として利用し始める。 だが、奴隷が輸出され始めたばかりの時期は戦争による捕虜や犯罪者等が懲罰的な意味合として奴隷が輸出されていた。 だが、ヨーロッパ諸国は新大陸での大規模農園のためにより多くの奴隷が求められ、自然発生する奴隷では供給が追いつかなくなったのだ。 人種差別の発明 そこで、次第にアフリ […]

若い世代を扱うコツは”合理主義”

最近の若者はすぐに辞める 昔は「一つの仕事は最低でも3年は続けろ」なんて言われたものだがこの考え方は年々通用しなくなっている。 最近の若者はすぐに辞める、根性が無い・我慢しようとしない、なんて年配の人達はいうが、この考え方は基本的に間違っていると言って良い。 これは単に若者の方が合理的で適切な考え方が出来るようになったと捉える方が正しい。 辞める方が合理的だから辞める 日本社会は従来終身雇用制が前 […]

近頃は何故努力せず成功するアニメが流行るのか

友情・努力・勝利は時代遅れ 一昔前までは漫画やアニメと言えば少年ジャンプの様な「友情・努力・勝利」と言ったような如何にも王道的なストーリーが流行りであった。 だが、最近はこの手のストーリーが実に人気が無い様で少年ジャンプも年々売れ行きが右肩下がりである。 そして対照的に売上が伸びている作品の特徴が「努力せずに成功する主人公」というスタイルのストーリーだ。一体何故、この様な価値観の変化が起きたのであ […]

部下を叱りたい時の叱り方

基本的には効果が薄い 厳しく叱るという行為は基本的にあまり効果が見込めるものでは無い。 比較的年配の人達は「星野仙一」みたいな人間を理想の上司と捉えて厳しさ7割優しさ3割みたいなスパルタ教育型の上司を目指したがる事が多いようだが、はっきりと言ってこれは殆どのケースにおいて上手く行かない。 この手のとても厳しいスパルタ教育型の上司というのは相当突出した能力を備えた超人でなければ出来ないリーダーシップ […]

対処は常に相手に合わせて変える

労働意欲の源は人によって違う 当然だが、何故働くのかという理由は人によって大きく異る。 例えば、人によってはただ単純に生活のため、お金のためという人もいれば、仕事にやりがいが欲しいという人もいるし、何か特定の理念や思想があってその目的達成のためという人もいるし、自分の価値を認められる場所が欲しいという人もいれば、自分のスキルを活かせる環境が欲しいという人もいるし、自分のスキルアップを求める奴や、仕 […]

現代では失われた価値観・自己を低める

あらゆる宗教に共通する価値観 キリスト教でもイスラム教でも仏教でも神道でも何でもいいのだが、世界中のどんな宗教でも共通する価値観がある。 それは「自己を低める」という価値観である。 現代では失われた価値観 この「自己を低める」という価値観では現代において失われた価値観である。 21世紀は個人主義が流行し、巷で溢れかえっている自己啓発本等に見られるように、如何にして「自分を高めるか」という価値観に偏 […]

人間が人間を品種改良した実例/スパルタ教育

誤用されるスパルタ教育という言葉 日本人はスパルタ教育という言葉をよく好んで使うようだが実際のところスパルタ教育が一体なんであったか正しく理解している人はほとんどいないように思う。 スパルタと言えば、圧倒的な軍事力を誇り、その強さは他国の兵士と1対100でようやく互角の戦いを繰り広げるという程であった。 これはランチェスターの法則に則って考えれば通常ありえない現象である。一般的に、軍事における常識 […]

誰でも出来る!カルト宗教の作り方

※マッドサイエンスシリーズは倫理的に問題の有る科学を扱っているため倫理にうるさい方はお帰りください カルト宗教の勧誘は勧誘が目的ではない カルト宗教と言えばしつこい勧誘で有名だ。誰しも一度くらいは経験したことがあり、嫌な思いをした事があるだろう。 だが、あのカルト宗教特有のしつこい勧誘は、実は勧誘によって信者を増やすことが目的ではないのである。 ここに、カルト宗教の真骨頂がある 人間関係を破壊する […]

HellTaker攻略ネタバレ無し

基本的な遊び方 Steamから無料ダウンロードできる 驚くべき事にこのゲーム、非常に良く出来た完成度の高いゲームであるにも関わらず無料でダウンロードできる。 このリンクからダウンロードしよう。 どんなゲーム? ネタバレ無しのレビューや評価はこちらの記事から。 ヒント・Lキー Lキーで仲間にした悪魔達からヒント貰えるのだが実際にはヒントらしいヒントが貰えない、流石悪魔。 ただし、会話がカワイイため見 […]

顧客の意見やアンケート結果をそのまま取り入れると失敗する

統計とは単にアンケートを集めれば良いという事ではない 例えば、非常に有名なアンケートがある。 アンケートの内容は「日本人は物事を白黒はっきり付けるのが苦手だと思いますか」というもの。そしてアンケートの選択肢は「はい」「どちらとも言えない」「いいえ」の三択である。 このアンケートの集計結果は「はい」が2割、「どちらとも言えない」が7割、「いいえ」が1割という結果であった。 では、この場合「どちらとも […]

訓令・命令・号令の違い/指示の出し方は人によって変える

軍隊では指示の出し方が三種類ある 軍隊では指示に出し方が三種類あり、それぞれが時と場合によって適切に使い分けられる。 訓令 訓令とは、目的や目標のみを相手に伝え、具体的な方法は自分で考えろという指示の出し方である。 現代では「適当」という言葉が「いい加減」だとか「なんとなく」と言った意味合いで誤用されることが多いが、本来は適して当たるという字面通りの意味である。 だから、本来軍隊用語において「負傷 […]

海外展開する上でアフリカ市場は狙い目か

日本ではほとんど知られていない 日本で海外展開といえば主に中国やらインドやらシンガポールなどその辺りばかりが注目されていてアフリカ市場というのはほとんど知名度がない。 だが、アフリカは日系企業にとっては有利な戦場である。 民族性が比較的近い 何故なら、アフリカ人と日本人は民族性が比較的近いからである。 例えば、日本人は儒教の影響から年功序列の価値観が強いがこれはアフリカでも同じである。 他にも、欧 […]

知的障害者のクッキーは不衛生か

現実的な問題として不衛生 最近では福祉事業所が激増したせいか、そこら中で知的障碍者の作ったクッキーなるもを見かけるようになった。 だが、実際に現場にいた立場だからこそ分かることだが、現実的な問題として知的障碍者の作ったクッキーというものは不衛生である。 臨機応変が皆無 この事実を説明するためにはまず知的障碍者の特性から説明し始めなければならない。 知的障碍者は「常に言われたことを言われた通りに実行 […]

天才から見て凡人はどう見えるか

小学生をあやすような感じ 天才から見て凡人はどの様に見えるか、これは人からよく聞かれる質問である。 これに対して正確な表現で答えるのは何とも難しいのであるが、近似値的な答えで良ければ「小学生をあやすような感じ」と表現するのが近いだろうか。 見下しと無関心 こんな事を言うと凡人を見下している!と怒り出す劣等感の強い人達が後を立たないが「見下し」と「無関心」は決定的に違う。 これも当サイトにおいて繰り […]

女性は待遇差に納得しない/女同士での嫉妬は根深い

男とは決定的に違う 通常男性であれば、立場が違えば待遇も違うという事を当たり前の事実として受け入れる。 例えば、課長と部長、部長と社長とでは待遇や扱いに違いがあって当たり前だと考える。 だが、女性はそうではない。 超平等感 男性であればこうした立場の違いによる待遇の違いというものを当たり前の事実として受け入れるが、女性はそうではない。 ゆえに、職場において女性を扱う時のコツは「超平等感」である。社 […]

医学の始まりはマッドサイエンスによって

当初医学とは祈祷であった 現代的な、科学的根拠に基づいた医学というものが誕生する以前、医学とは神に祈り、神の力を持ってして治癒するものであった。 だから、科学的な医学が誕生する以前の医学とはそのほとんどが何の根拠もない祈祷等がその大部分を占めている。 医学は解剖学から始まる 歴史的に見ると、科学的な根拠に基づいた治療法の研究は解剖学からスタートしている。 つまり、そもそも人間の体の構造を理解してい […]

独裁は必ずしも悪くない

政治形態の優劣 まず先に結論から言おう、政治形態の優劣は以下の通りである。 有能な独裁制>>>有能な民主主義>無能な民主主義>>>無能な独裁制 理由 無能な独裁制 まず無能な独裁制が最も悪い理由は明白であろう。組織のトップが無能であり、かつその無能な人間を止めるシステムが存在しないからである。 この場合において無能な人間はその無能っぷりを最大限に発揮し、組織は壊滅的打撃を受ける。 無能な民主主義 […]

相手の好みはコッソリ把握する

サプライズは唐突であれば良い訳ではない 一般的に「サプライズ」というと相手にそれを実行する事を伏せて唐突に実行して驚きを与える一種の不意打ちだと考えられている、そしてそれは間違ってはいない。 だが、サプライズは単に唐突でありさえすればいいと言う訳ではない。もし唐突で突発的で不意打ちなサプライズを提供した上でそれが相手の好みに合わなかったりすると悲惨である。 相手の好みは日常会話から汲み取る 一般的 […]

女性は非日常感が好き

おうちデートが嫌われる理由 女性は基本的に「非日常感」というものを好む。 だから、何故おうちデートが女性に嫌われるのかと言うとそれが日常の延長線上であって非日常感を味わえないからである。 だが、これは裏を返せばおうちデートであったとしても非日常感を味わえるような何らかの要素があればおうちデートでも喜ばれるという事であり、逆もまた然りであって外出するデートであったとしても非日常感が無ければ喜ばれない […]

不良はどうしてモテるのか

自主性と協調性 これも多くの人達が小学校中学校高校と学生生活の中で経験したであろうが、不良というものは何故かモテる。何故だろうか。 だが、これを説明するためにはまずその前提条件から説明し始めなければならない。 女は男にリーダーシップを求める 以前に女は男に対してリーダーシップを求めるという記事を書いた。 では、そもそもリーダーシップとは一体何であろうか。リーダーシップというものを構成する要素は様々 […]

1 3