精神医学

男は度胸、女は愛嬌

恋愛においては王道が正義 何でもかんでも平等でなければ気がすまない現代人的な価値観の中では古い男女観や性役割の価値観などは嫌われがちな傾向があるが、少なくとも恋愛においてはこの様な現代人的価値観を捨てなければならない。 現実的な問題として男らしい男や女らしい女の方がモテる 面白い事に、恋愛においては古典的なイメージの如何にも男らしい男の方や如何にも女らしい女の方がモテる。 昭和年代のおっさんおばさ […]

Giftedは「努力すれば報われる」という考え方が嫌い

努力は美しいとされる風潮 Giftedは「努力すれば報われる」という考え方が基本的に嫌いな傾向が顕著なようだ。 私の経験則から言って大抵のGiftedは努力すれば報われるという考え方に対して否定的である。 そんなわけないだろ! では何故Giftedは「努力すれば報われる」という考え方が嫌いなのだろうか。 答えは単純明快、「努力によって自分自身の能力を超えていった人間を見たことがないから」である。 […]

相模原障害者施設殺傷事件を障碍者差別だと言う意見が大部分を占めている事に対する違和感

相模原障害者施設殺傷事件が障碍者差別の極地だという意見 相模原障害者施設殺傷事件、すなわち障碍者の大量殺人事件が起きた時に世間ではこれが障碍者差別だという意見が大部分を占めていた。逆にこの事件の犯人に共感など寄せようものなら即座に袋叩きに合う。 だが、精神医療の経験がある私がこれを見て正直違和感を感じた。 安楽死を求める障碍者は実際に多い 実際に精神医療の現場にいた私が見てきた経験から言うと、安楽 […]

経営知識/目次

はじめに ようこそ、経営者の世界へ。 このページでは明日から役に立つ経営の話を中心に投稿していきます。 (日々更新中・ リンク先が空白のものは予約投稿により近日公開予定のもの ) 問題のある経営者に多い傾向 /会社を破壊する危険な人間の傾向 強迫性人格障害/症状一覧超詳細版 発達障碍/詐欺に騙される人の特徴 経営者に求められる能力 経営者の姿勢 人付き合いを人柄で選ぶと失敗する 経営の失敗は正しい […]

障碍者が人間に近い程差別され気持ち悪がられ排除される

障碍者が人間に近い程差別され、障碍者が人間からかけ離れている程社会に受け入れられる まず見出しからして中々ショッキングな事を書いているが、これは私が精神医療や福祉事業を通して経験則的に理解したことである。 人間は、障碍者がより人間に近ければ近い程差別し気持ち悪がられ排除されるのに対し、障碍者が人間からかけ離れていればかけ離れている程社会は障碍者に対して寛容である。 軽度障碍者ほど割に合わない 聴覚 […]

強迫性人格障害/症状一覧超詳細版

一言で言えば職人特有の仕事は出来るが人として問題がある人間 強迫性パーソナリティ障害とは何かを一言で言い表すと「職人気質でバリバリ仕事は出来るが人としては問題のある」と言えばわかりやすいだろう。 あるいは日本赤軍の様なテロリストといってもイメージしやすだろう。 だが、日本では国民性的に職人気質な人間というのは受け入れられやすく、そうであるが故にかえって被害が拡大しやすいという特徴がある。 このペー […]

詐欺に騙される人の特徴

脳機能障碍 私は昔精神医療を齧った経験がある事から良く理解しているが、詐欺等に引っかかる人間というのはぶっちゃけていってしまえば大抵何かしらの脳機能障害がある。 具体的に言えば発達障害や強迫性パーソナリティ障害等が代表的だろう。他にはセロトニン分泌系に障碍を来している場合等も人に騙されやすくなるが、いずれにしても共通して言えることは扁桃体に異常を来していたり想像力が欠落しているという事である。 し […]

詐欺に騙される人の意外な心理

詐欺のターゲットには明らかな傾向がある 面白い事に、詐欺師がそのターゲットにする客層には統計学上明らかに一定の傾向があり、男性は比較的詐欺の対象にされにくく、女性の方が圧倒的に狙い撃ちにされやすいという特徴がある。 理由は単純である、既にバリバリ働いていてそれなりの収入を得ている層であればそれ以上ハイリスクを得てまで収入を獲得しなければならない動機が発生しにくいからである。 騙されやすいのは主婦層 […]

99%の人間は人の話を聞けない

話し上手は聞き上手 話し上手は聞き上手という諺がある通り、人の話を聞くという行為はコミュニケーションの実に初歩の初歩である。 だが、私の経験則上人の話を聞ける人間というのは実に100人に1人もいないくらいかなりの激レア能力と言っても過言ではないくらい、大抵の人間は人の話を聞くことが出来ない。 無意味なアドバイス 例えば、学校に通わない不登校の子供がいたとする。すると、大抵の人間は「学校に通わないと […]

何かを批判するのは自分に対する自信の無さの表れ

自己評価と批判 一般的に何かを批判する人間の心理状態というのは自分自身に対する自信の無さの現れである。この何か、というのは何でもいい。政治批判でもいいし、宗教批判でもいいし、行政が何かマズイ対応をしただとか、どこかの福祉団体で虐待事件が起きただとか、どこかの飲食店で食中毒が起きたでもいい。 とにかく、何かを批判するのが好きな人というのは本質的に自分自身に対する自信が無く、他人を批判し、他人を否定す […]

知的障碍者を壁に縛り付ける

妥当な判断 今のこのご時世、知的障害者を壁に縛り付けるなんてしたとしたら即刻差別だの障害者虐待だの言われるところであるが、正直私はこれを疑問に思う。 何故なら、比較的重度な知的障害者というのは、小さい赤ちゃんと同じで何でもかんでも口に物を含んでは窒息死するからである。その上、昔から現代に至るまで知的障害者を24時間年中無休で関し続けられるだけの体制が整った事など無い。 すると、知的障害者自身の身の […]