休むも相場

金余り相場

コロナの影響で投資先が無い コロナウィルス問題が発生して以来、ありとあらゆる株価が軒並み全て下降傾向にある。 通常、この様な時は「待つも相場」の格言の通り様子見するのが最も無難な選択であろう(もちろん、しっかりとした根拠の元に勝てる自信があるならエントリーしてもいいが)。 だが、実際には大部分のトレーダーは素人であり、適切に待てる人間というのはほとんどいないのだ。 余った金の行き先 多くのトレーダ […]

多過ぎる意味不明なクレーム

訳の分からないクレームが多過ぎる この商売をやっていて思う事は、あまりにも訳の分からない質問とクレームが多過ぎるという事である。(と言っても弊社から直売している訳でもなく販売店経由だから弊社が直接クレームを受けている訳ではないのだが) お前それ説明書に書いてあるだろ!という程度の質問が全体の9割くらいを占めていて如何に彼等が説明書を読んでいないかが良く分かる。 だが、そんなクソみたいな質問でもする […]

不安定な相場対策を完璧にやろうとするとどうなるか

不安定な相場対策のやりすぎ 投資の世界において聖杯はあり得ない。 だが、それでも不安定な相場の時に損失を減らすフィルターを多数追加して何とか成績を安定させられないだろうかと誰しも考えたことがあるだろう。 だが、実際にこれをやってしまうと大抵の場合EAの完成度は低くなる。何故なら、カーブフィッティングが発生するからである。 カーブフィッティングにより死ぬ 「待つも相場」的に不安定な相場をフィルターし […]

底値買いの罠

ここまで落ちたらこれ以上落ちないだろう リーマンショックやスイスフランショック、そして今回のコロナウィルスショックなど大きなファンダメンタルズ的要因が発生して価格の大暴落が起きた時によくありがちな初心者の失敗として「ここまで落ちたらこれ以上落ちないだろう」という考え方で底値買いを狙う事が多々ある。 だが、結論から先に言ってこの手法はほとんどの場合において失敗する。 そもそも何処が底値か分からない。 […]

コロナウィルスショック

投資に不測の事態はつきもの 例のコロナウィルスであるが、当初アメリカは感染が拡大せずに収束するだろうと発表していたのが、コロナウィルスはパンデミックになる懸念があると2020年2月25日に発表された。 これによって株もFXも相場が乱高下していてやはりテクニカル分析が効きにくい状況が発生している。 だが、それでも多すぎる不測の事態 しかも、このコロナウィルスショックの質の悪いところは、直近にイギリス […]

負ける人、学ばない人その3

TwitterやFacebookなどのSNSを見ているとよく「今日は〇〇pips勝った!」というような情報が多く流れている。 だが、プロから見れば、このタイミングで勝つのは明らかにまぐれ勝ち・ビギナーズラックであってどう考えても素人でしかないというような投稿が数多く見受けられる。 この様な人間は長期的に稼ぎ続けることが出来ず、いずれは敗北するであろう。 何故、負ける人間は負け続けるのか、どうして学ばないのだろうか。