偉人

部下を叱りたい時の叱り方

基本的には効果が薄い 厳しく叱るという行為は基本的にあまり効果が見込めるものでは無い。 比較的年配の人達は「星野仙一」みたいな人間を理想の上司と捉えて厳しさ7割優しさ3割みたいなスパルタ教育型の上司を目指したがる事が多いようだが、はっきりと言ってこれは殆どのケースにおいて上手く行かない。 この手のとても厳しいスパルタ教育型の上司というのは相当突出した能力を備えた超人でなければ出来ないリーダーシップ […]

人間が人間を品種改良した実例/スパルタ教育

誤用されるスパルタ教育という言葉 日本人はスパルタ教育という言葉をよく好んで使うようだが実際のところスパルタ教育が一体なんであったか正しく理解している人はほとんどいないように思う。 スパルタと言えば、圧倒的な軍事力を誇り、その強さは他国の兵士と1対100でようやく互角の戦いを繰り広げるという程であった。 これはランチェスターの法則に則って考えれば通常ありえない現象である。一般的に、軍事における常識 […]

顧客の意見やアンケート結果をそのまま取り入れると失敗する

統計とは単にアンケートを集めれば良いという事ではない 例えば、非常に有名なアンケートがある。 アンケートの内容は「日本人は物事を白黒はっきり付けるのが苦手だと思いますか」というもの。そしてアンケートの選択肢は「はい」「どちらとも言えない」「いいえ」の三択である。 このアンケートの集計結果は「はい」が2割、「どちらとも言えない」が7割、「いいえ」が1割という結果であった。 では、この場合「どちらとも […]

何故私が金融商品を選んだのか

イノベーションも差別化も必要としない 何故私が金融商品を選んだのか、その理由について以前に軽く触れた事はあるが今回はそれを更に掘り下げて説明しようと思う。 では、何故金融商品だったのか。答えはイノベーションも差別化もクソもなく、至って平凡で陳腐でありきたりで王道な戦い方をしても大企業に勝てる分野だからである。 何故大企業と同じ戦い方をして中小企業が勝てるのか だとすると、次なる疑問が生まれるだろう […]

専門外でも大抵は適切に判断できる

何が分からないのかすら分からない事が無い 歴史上の偉人達の例を見てもそうだが、Giftedというのは大抵一夜漬けで付け焼き刃の技術と知識を身に着けただけでも並の専門家の能力を余裕で超えていく。 当サイトでも繰り返し何度か述べている事であるが、天才型の人間は必ず一定の万能性が見られる。 凡人は何故か経験というものを重視するが、天才型の人間は経験を重視しないという記事も以前に書いた。 だが、何故この様 […]

天才から見て凡人はどう見えるか

小学生をあやすような感じ 天才から見て凡人はどの様に見えるか、これは人からよく聞かれる質問である。 これに対して正確な表現で答えるのは何とも難しいのであるが、近似値的な答えで良ければ「小学生をあやすような感じ」と表現するのが近いだろうか。 見下しと無関心 こんな事を言うと凡人を見下している!と怒り出す劣等感の強い人達が後を立たないが「見下し」と「無関心」は決定的に違う。 これも当サイトにおいて繰り […]

医学の始まりはマッドサイエンスによって

当初医学とは祈祷であった 現代的な、科学的根拠に基づいた医学というものが誕生する以前、医学とは神に祈り、神の力を持ってして治癒するものであった。 だから、科学的な医学が誕生する以前の医学とはそのほとんどが何の根拠もない祈祷等がその大部分を占めている。 医学は解剖学から始まる 歴史的に見ると、科学的な根拠に基づいた治療法の研究は解剖学からスタートしている。 つまり、そもそも人間の体の構造を理解してい […]

独裁は必ずしも悪くない

政治形態の優劣 まず先に結論から言おう、政治形態の優劣は以下の通りである。 有能な独裁制>>>有能な民主主義>無能な民主主義>>>無能な独裁制 理由 無能な独裁制 まず無能な独裁制が最も悪い理由は明白であろう。組織のトップが無能であり、かつその無能な人間を止めるシステムが存在しないからである。 この場合において無能な人間はその無能っぷりを最大限に発揮し、組織は壊滅的打撃を受ける。 無能な民主主義 […]

Giftedは「努力すれば報われる」という考え方が嫌い

努力は美しいとされる風潮 Giftedは「努力すれば報われる」という考え方が基本的に嫌いな傾向が顕著なようだ。 私の経験則から言って大抵のGiftedは努力すれば報われるという考え方に対して否定的である。 そんなわけないだろ! では何故Giftedは「努力すれば報われる」という考え方が嫌いなのだろうか。 答えは単純明快、「努力によって自分自身の能力を超えていった人間を見たことがないから」である。 […]

陳腐で平凡でありきたりなアイディアは強い

陳腐で平凡でありきたりである事は必ずしも欠点では無い 日本では儒教の創始者や、孫子の兵法書、三国志における天才軍師として有名な諸葛亮孔明(孔子)の有名な言葉に「陳腐で平凡でありきたりな戦術は強い」というものがある。 何故陳腐で平凡でありきたりな戦術は強いのだろうか。 王道が王道たる所以 どうして陳腐で平凡でありきたりになるのかと言えば、それはその戦術が良く使われるからである。では、何故その戦術がよ […]

博愛主義者は女性に嫌われる

女性は常に自分が一番でなければ気がすまない 以前にクリスマスは仕事だからは女性に通用しないという記事を書いた。 では、何故女性に対してはクリスマスは仕事だからが通用しないのだろうか。 それは、女性は何事においても常に自分自身が一番でなければ気がすまないからである。 自分よりも仕事を優先している これが男性同士であれば遊びに行こうと誘われたとしてもその日は仕事だからと言われれば仕方ないなと割り切れる […]

女性に対して高価なプレゼントは意味がない

男は財力を誇示したがる 例えば、デートに行って女性に対して食事でもおごるとしよう。この時、男は財力を誇示したがり比較的値段の高い店を選ぼうとする傾向が強い。 だが、女性に対するプレゼントやその他諸々はその金額が相手に与える好感度に影響しにくい。 百万本のバラ もし仮に女性に対して薔薇の花をプレゼントしたいとしよう。この時、百万本のバラを一度にプレゼントするよりは、その薔薇を1本ずつに小分けして毎日 […]

政治厨は何故政治ツイートが好きなのか

うざいし見たくないし頭おかしい 政治厨を見ると大抵の人はそう感じるであろう。 頭おかしいという表現を使うと現代では差別だの何だの言われそうなところであるが、実際の所政治厨に精神疾病が多いというのは事実である。 政治にハマる人の心理状態 想像力の欠如 発達障碍者は一般的に政治活動にハマりやすい事で知られている。 何故発達障碍者は自分の価値観を他人に押し付けるのかというと発達障碍者には「客観的視点」と […]

強迫性人格障害/症状一覧超詳細版

一言で言えば職人特有の仕事は出来るが人として問題がある人間 強迫性パーソナリティ障害とは何かを一言で言い表すと「職人気質でバリバリ仕事は出来るが人としては問題のある」と言えばわかりやすいだろう。 あるいは日本赤軍の様なテロリストといってもイメージしやすだろう。 だが、日本では国民性的に職人気質な人間というのは受け入れられやすく、そうであるが故にかえって被害が拡大しやすいという特徴がある。 このペー […]

巡洋戦艦と戦艦・巡洋艦の違い

巡洋戦艦は戦艦では無い 日本のゲームやアニメなんかでは巡洋戦艦は戦艦枠として紹介される事が多い。例えば、艦これや蒼き鋼のアルペジオなんかがそうだ。 だが、実際の巡洋戦艦という兵器は設計コンセプト・歴史的な開発の経緯・実際の運用・命名規則等様々な観点から見ても明らかに足の速い戦艦では無く、大型の巡洋艦である。 命名規則 世界共通で軍艦の名前には命名規則というものがある。つまり、軍艦の名前は必ず一定の […]

無神論は宗教の一種

無神論は宗教学の世界では一種の宗教として扱われる。 無神論は世間一般的には科学的な考え方だと思われがちであるが、実際には明らかに非科学的な考え方である。 何故だろうか。

何故ロシアはプーチンやスターリンのように粛清が流行るのか

多民族過ぎる国家 ロシアという国はその広大な領土から多民族国家である。 どちらかと言えば、日本のように同じ民族しか住んでいない国の方が特殊であるのだが、それを差し引いて考えてもロシアの多民族国家ぶりは群を抜いている。 これがアメリカであれば肌の色の違いや宗教の違いがあったとしても、少なおくとも同じ英語という言語が通じる。 だが、ロシアはそうではない宗教の違いや肌の色の違いはもちろんの事、下手をする […]