王道

相場を読むとは平凡な考え方を突き詰めること

相場とは大衆心理によって動く 例えば、リーマンショックのような歴史的な金融危機が起きたとしよう。 この時、多くの人達は「世界的な経済危機だから安全策を取って売り抜けしよう」と考える事によって売り注文が殺到し、結果として値下がりが起きる。 これが、アメリカの雇用統計発表にて失業率が前回発表時に比べて失業者が30万人も減っているとなれば、これは多くの人達が「経済が回復している兆し」と捉えて買い注文が殺 […]

オリジナルロジックを作りたいなら

まず何かに注目して掘り下げる 当サイトにおいて繰り返し述べている事であるが、王道的な戦略というものは基本的に強い。 だから、何かオリジナルのロジックを自分で作りたいのであれば、まずは一般的に知られている王道的なロジックをベースにしてそこから掘り下げていくのが最も無難である。 パーフェクトオーダー 例えば、一般的によく知られるパーフェクトオーダーというロジックがある。だが、パーフェクトオーダーが発生 […]

インターフェイスにイノベーションは厳禁

Windows8の失敗 誰もが知るMicrosoftのWindows、その中のWindows8と言えば評判が悪かった事で有名だが、ではそもそも何故評判が悪かったのであろうか。 答えはインターフェイスを変更したからである。 人間は変化が嫌い Windows8の新しいインターフェイスは一種先進的でイノベーションを起こしていたと言っても良いだろう。 何故なら、従来よりもより直感的に理解しやすく設計されて […]

就職から一週間で仕事を辞める事に抵抗が無い

天才は常識の枠に囚われない これも私の経験則上気が付いたことだが、Giftedは就職から一週間で仕事を辞めるという様な事に抵抗感が無いらしい。 一般的な常識の枠で考えるならば通常どんな企業であったとしてもある程度長く努めた方がいいと言われる所。 だが、Giftedはそうは考えない。 合理性の追求 では、何故Giftedは就職した直後に即刻辞めるという事に抵抗がないのだろうか。 結論として言えば合理 […]

誰でも出来る!カルト宗教の作り方

※マッドサイエンスシリーズは倫理的に問題の有る科学を扱っているため倫理にうるさい方はお帰りください カルト宗教の勧誘は勧誘が目的ではない カルト宗教と言えばしつこい勧誘で有名だ。誰しも一度くらいは経験したことがあり、嫌な思いをした事があるだろう。 だが、あのカルト宗教特有のしつこい勧誘は、実は勧誘によって信者を増やすことが目的ではないのである。 ここに、カルト宗教の真骨頂がある 人間関係を破壊する […]

服装ではプラス評価にならない

服装は減点方式 女性とデートに行くからと言ってやたら気合を入れて服装に拘る男子はさほど珍しくない。 だが、結論から先に言って服装では女性の好感度はプラスにならない、服装に限って言えば、女性から男性に対する評価は減点方式である。 最重視すべきは清潔感 女性はとにかく清潔感が無い事を嫌う。 だから、手入れもされてないボサボサ頭に伸び放題の無精髭、ヨレヨレで黄ばんだシャツ等そういった服装は完全にアウトで […]

何故私が金融商品を選んだのか

イノベーションも差別化も必要としない 何故私が金融商品を選んだのか、その理由について以前に軽く触れた事はあるが今回はそれを更に掘り下げて説明しようと思う。 では、何故金融商品だったのか。答えはイノベーションも差別化もクソもなく、至って平凡で陳腐でありきたりで王道な戦い方をしても大企業に勝てる分野だからである。 何故大企業と同じ戦い方をして中小企業が勝てるのか だとすると、次なる疑問が生まれるだろう […]

恋愛は人によって個人差が出ない

恋愛は本能 これは当サイトにおいて繰り返し何度も述べている事であるが、恋愛は基本的に動物的本能である。 ゆえに、恋愛はより本質的でより重要な事になればなるほど人によって個人差が出ない。裏を返せば、人によって個人差が出る部分は表層的であまり核心的な部分ではないという事でもある。 何かをプレゼントする場合 例えば、相手の女性が緑茶が好きか紅茶が好きかコーヒーが好きかは人によって差が出るだろう。 だが、 […]

独創的な差別化によって自社の強みを活かそうという発想は失敗しやすい

1つ0だと全体が0 これは商売における基本中の基本であるが、商売における利益は掛け算で決まる。 だから、何か1つ0の要素があると全体として0になる。 職人気質な人にありがちな失敗 だから、調理師・絵描き・音楽家・庭師・デザイナー、だいたいどんな分野にでも共通して言えるが基本的に職人気質な職業の人は少なくとも職人としての腕は確かなのだが経営には明らかに失敗しているケースが多々見受けられる。 良くある […]

女性は待遇差に納得しない/女同士での嫉妬は根深い

男とは決定的に違う 通常男性であれば、立場が違えば待遇も違うという事を当たり前の事実として受け入れる。 例えば、課長と部長、部長と社長とでは待遇や扱いに違いがあって当たり前だと考える。 だが、女性はそうではない。 超平等感 男性であればこうした立場の違いによる待遇の違いというものを当たり前の事実として受け入れるが、女性はそうではない。 ゆえに、職場において女性を扱う時のコツは「超平等感」である。社 […]

不良はどうしてモテるのか

自主性と協調性 これも多くの人達が小学校中学校高校と学生生活の中で経験したであろうが、不良というものは何故かモテる。何故だろうか。 だが、これを説明するためにはまずその前提条件から説明し始めなければならない。 女は男にリーダーシップを求める 以前に女は男に対してリーダーシップを求めるという記事を書いた。 では、そもそもリーダーシップとは一体何であろうか。リーダーシップというものを構成する要素は様々 […]

男は度胸、女は愛嬌

恋愛においては王道が正義 何でもかんでも平等でなければ気がすまない現代人的な価値観の中では古い男女観や性役割の価値観などは嫌われがちな傾向があるが、少なくとも恋愛においてはこの様な現代人的価値観を捨てなければならない。 現実的な問題として男らしい男や女らしい女の方がモテる 面白い事に、恋愛においては古典的なイメージの如何にも男らしい男の方や如何にも女らしい女の方がモテる。 昭和年代のおっさんおばさ […]

陳腐で平凡でありきたりなアイディアは強い

陳腐で平凡でありきたりである事は必ずしも欠点では無い 日本では儒教の創始者や、孫子の兵法書、三国志における天才軍師として有名な諸葛亮孔明(孔子)の有名な言葉に「陳腐で平凡でありきたりな戦術は強い」というものがある。 何故陳腐で平凡でありきたりな戦術は強いのだろうか。 王道が王道たる所以 どうして陳腐で平凡でありきたりになるのかと言えば、それはその戦術が良く使われるからである。では、何故その戦術がよ […]