経済

何故日本人は金融商品嫌いの貯金好きになったのか

歴史的に見れば戦前は資産運用が普通 日本人は世界的に見ても資産運用というものが嫌いな安定志向な貯金大好き民族であることは広く一般的に知られていると思う。 では、日本人はいつから金融商品が嫌いになったのだろうか。それは比較的最近の話であり、原因は戦時中における大日本帝国による戦時体制の結果である。 戦前まで資産運用は普通 大日本帝国によって戦時体制が敷かれ、いわゆる「欲しがりません勝つまでは」という […]

海外展開する上でアフリカ市場は狙い目か

日本ではほとんど知られていない 日本で海外展開といえば主に中国やらインドやらシンガポールなどその辺りばかりが注目されていてアフリカ市場というのはほとんど知名度がない。 だが、アフリカは日系企業にとっては有利な戦場である。 民族性が比較的近い 何故なら、アフリカ人と日本人は民族性が比較的近いからである。 例えば、日本人は儒教の影響から年功序列の価値観が強いがこれはアフリカでも同じである。 他にも、欧 […]

独裁は必ずしも悪くない

政治形態の優劣 まず先に結論から言おう、政治形態の優劣は以下の通りである。 有能な独裁制>>>有能な民主主義>無能な民主主義>>>無能な独裁制 理由 無能な独裁制 まず無能な独裁制が最も悪い理由は明白であろう。組織のトップが無能であり、かつその無能な人間を止めるシステムが存在しないからである。 この場合において無能な人間はその無能っぷりを最大限に発揮し、組織は壊滅的打撃を受ける。 無能な民主主義 […]

戦艦ビスマルクは何故戦術的勝利戦略的敗北と言われるのか/戦術と戦略の違い

戦略と戦術の違いとは一体何であろうか。 一般論として、日本人は戦術と戦略を混同しがちで戦術と戦略の違いを明白に把握できておらず、このため行政や会社組織等で様々なトラブルを起こしやすいと言われている。

組織を作るとはそもそもどういう事か

最近では、世間一般的に「個性を活かそう!」だとか「多様性を認めよう!」だとかそんな主張が主流になりつつあり、多くの経営者も一応聞いたことは少なからずあるのではないだろうか。 だが、実際に経営の中で個性を活かすという事が具体的にどういう事で、多様性を認めるという事は実践的にどういう取り組みを行えばよいのかと言われると全くわからない経営者が多いと思う。 だから、個性を生かして多様性を認めなければならな […]

アベノミクスは大サービスだった

そもそもアベノミクス政策って何よ? ざっくり簡単に説明するとリフレーション政策のこと。リフレーション政策というのは穏やかなゆっくりとした継続的インフレを起こす経済政策のことをそう呼ぶ。 そして継続的に穏やかなインフレーションが起こり続けるという事は、言い換えれば継続的に円の値段が下がり続けるということ。 と、言うことは? 買って寝かせるだけのお手軽トレード 要するに、円の価格が継続的に下がり続ける […]

何故ロシアはプーチンやスターリンのように粛清が流行るのか

多民族過ぎる国家 ロシアという国はその広大な領土から多民族国家である。 どちらかと言えば、日本のように同じ民族しか住んでいない国の方が特殊であるのだが、それを差し引いて考えてもロシアの多民族国家ぶりは群を抜いている。 これがアメリカであれば肌の色の違いや宗教の違いがあったとしても、少なおくとも同じ英語という言語が通じる。 だが、ロシアはそうではない宗教の違いや肌の色の違いはもちろんの事、下手をする […]

CO2排出量は増えた方がむしろ環境保全に良い

CO2による地球温暖化問題が取沙汰されて久しいが、はっきりと言ってこれは大嘘である。 それを科学的に解説したい。

何故オーストラリアは捕鯨に反対するのか

オーストラリアの反捕鯨運動は有名であるが、その反捕鯨運動の本質は動物愛護精神”では無い”という事はあまり知られていない。

安倍政権は何故インフレを起こそうとするか/そもそもお金とは何か

そもそもお金とは何か。 よくニュースで1ドル120円なんて言ったりする様にお金の価値は常に変動する。 だが、そもそもお金の価値とは一体何が原因で決まるのだろうか。 そもそもお金とは、まずそこから説明したいと思う。